樹脂製防火窓

樹脂製防火窓

カタログ

主な品種の断熱性の内

建築基準法では、防火地域、準防火地域に建設される建物の外壁に設置される開口部のうち、延焼の恐れのある部分には「防火設備」を使用するよう義務付けられています。

防火設備は20分の加熱試験により非加熱面に火炎を出さないことが条件。
シャノンウインドTypeEBは遮炎性能、TypeECは準遮炎性能を有した防火設備です。
さらに、高性能住宅に必要な断熱性能をあわせもつ高性能樹脂窓です。

※実際の断面構造とは異なります。
※ガラス構成は、品種、サイズ等により異なります。

TypeEB/遮炎性能

TypeEBは、倍強度Low-Eと網入りガラスとの複層ガラスにアルゴンガスを封入。断熱性能と遮炎性能を両立した防火設備です。主として3階建て以下の建築物を対象とし、耐火建築物並びに準耐火建築物の延焼のおそれのある開口部分にお使い頂けます。

※ 性能数値は公的試験期間JIS A4710による試験値です。製品の性能を保証するものではありません。
主な品種の断熱性能 縦すべり出し窓 1.57w/㎡K [W780×H1,370]
FIX窓 1.56w/m㎡K [W780×H1,870]

TypeEC/準遮炎性能

TypeECは、Low-Eと網入りガラスの複層ガラスにアルゴンガスを封入。2階建て以下の建築物を対象とした、準遮炎性能を有した防火設備です。防火地域内又は準防火地域の建築物の延焼のおそれがある部分にお使い頂けます。3階以上の建築物は、TypeEBをご使用ください。

※ 性能数値は公的試験期間JIS A4710による試験値です。製品の性能を保証するものではありません。
主な品種の断熱性能 縦すべり出し窓 1.61w/m㎡K [W1,690×H1,370]
FIX窓 1.56w/m㎡K [W780×H1,870]

専用ガラス

詳しい情報を見る

防犯ガラスの対応も可能

防犯ガラス

TypeECのグリーンタイプでは、標準仕様のLow-E複層網入りガラスだけでなく、合わせガラスを用いた防犯ガラスの対応が可能。

防火窓が必要となりやすい都市部では特に防犯対策も求められています。

豊富なカラーバリエーション

建物の外装材や内装材のイメージに合わせて、外観色を5種類から、内観色は3種類からお選びいただけます。
洋風から和風まで様々な住宅デザインを演出します。

外観色
(5色)
  • ホワイトホワイト
  • ルーセントシルバールーセントシルバー
  • クラシックブラッククラシックブラック
  • ロイヤルブラウンロイヤルブラウン
  • ブリックレッドブリックレッド
内観色
(3色)
  • ホワイトホワイト
  • シラキシラキ
  • チェリーチェリー

※窓タイプにより対応できないバリエーションがあります。

TOP