樹脂製防火窓

樹脂製防火窓

カタログ

主な品種の断熱性の内

Type EB 遮炎性能

Type EBは、遮炎性能(EB認定)を有する防火設備です。
耐火建築物並びに準耐火建築物の延焼のおそれのある開口部分にお使い頂けます。

Type EC 準遮炎性能

Type ECは、準遮炎性能(EC認定)を有する防火設備です。2階建て以下の木造建築物
を対象とし、防火地域又は準防火地域の建築物の延焼のおそれがある部分にお使い
頂けます。

※実際の断面構造とは異なります。
※ガラス構成は、品種、サイズ等により異なります。

主な品種の断熱性能値

主な品種の断熱性能値

ガラス構成:網入り6.8-12-LE3アルゴンガス入り
クリアタイプ(Ug値=1.38)

※窓の熱貫流率(Uw値)は、JIS A4710の試験値で製品の性能を保証するものではありません。
※品種、サイズ等によりガラス中空層並びにガラス構成が変わります。
※ガラスの熱貫流率(Ug値)は、JIS R3107に基づき計算。アルゴンガスの含有率は85%で計算。

ガラス構成:網入り6.8-12-LE3アルゴンガス入り
クリアタイプ(Ug値=1.38)

熱貫流率
(Uw値、Ug値)とは…
数値が小さいほど、
断熱性が高い

Uw値:サッシの断熱性能を表す数値で、室内外温度差が1℃の時、1時間あたりに、サッシ1㎡を通過する熱量を表します。
Ug値:ガラスの断熱性能を表す数値で、室内外温度差が1℃の時

防火設備の国土交通大臣認定を取得

試験内容

試験体を壁炉前面に設置し、20分の加熱試験を行います。
加熱温度は、下図のように最高781℃に達します。

防火設備の国土交通大臣認定を取得

判定方法

加熱時間中、非加熱側に
火炎を出さないことが条件です。
具体的には、以下の3つを
クリアする必要があります。

①非加熱側に10秒を超えて
 継続する火炎の噴出がないこと。
②非加熱面で10秒を超えて
 継続する発炎がないこと。
③火炎が通る亀裂等の
 損傷および隙間を生じないこと。

防火設備の国土交通大臣認定を取得

豊富なカラーバリエーション

建物の外装材や内装材のイメージに合わせて、外観色を5種類から、内観色は3種類からお選びいただけます。
洋風から和風まで様々な住宅デザインを演出します。

外観色
(5色)
  • ホワイトホワイト
  • ルーセントシルバールーセントシルバー
  • クラシックブラッククラシックブラック
  • ロイヤルブラウンロイヤルブラウン
  • ブリックレッドブリックレッド
内観色
(3色)
  • ホワイトホワイト
  • シラキシラキ
  • チェリーチェリー

※窓タイプにより対応できないバリエーションがあります。

TOP