HOME > シャノンウインド > 脱アルミで快適宣言

脱アルミで快適宣言

日本でふつうに使われている窓が、ロンドンやニューヨーク州では使えないことをご存知ですか?
ロンドンやニューヨーク州などでは、建築物に省エネルギー基準がすでに法制化されています。こうしたエコ先進国で住宅を建てたり改築したりする時には、日本でふつうに使われているアルミサッシとガラスを使うプランでは、建築許可がおりません。高断熱ガラスが入った樹脂窓の断熱性能が必須だからです。ここにもあそこにも…樹脂窓があたりまえに使われています。
エコ先進国とは?

シャノンウインドならロンドンやニューヨークでも使えます。

シャノンウインドはロンドンやニューヨークでも使える高性能樹脂窓です。
シャノンウインドで、あなたの家もエコ先進国標準にレベルアップしませんか?
家庭から排出するCO2を抑え、しかも快適で健康的な生活ができるシャノンウインドが、あなたのご家族も未来の子供たちも、そして地球も安心にします。さぁ、脱アルミで快適宣言してください。
ニューヨークで家を建てる場合、法律によって義務付けられている窓の断熱性能基準値(熱貫流率/U値)をクリアしなくてはなりません。 ■ニューヨークは1.98W/m2・K シャノンウインド(※)の断熱性は、1.48W/m2・K。ロンドンやニューヨークといったエコ先進国でも使える窓です。 (※)アルゴンガス入りLow-E複層ガラス使用。
  • 「脱アルミで快適宣言」
  • 樹脂窓は、エコ先進国の"あたりまえ"です。
  • 樹脂窓だからできる、快適・健康生活。
  • 日本を知っている樹脂窓。防災・防犯
  • 脱アルミで、年間8.5万円の節約です。
トップへ戻る
エコ先進国とは?

エコ先進国とは、日常生活のあらゆる場面で、環境保護のための法規制がしっかり定められている国です。例えばドイツでは、アイドリングを1分間続けると罰金が科せられます。建築物のCO2対策も厳格で、一枚ガラスを入れたアルミサッシは納屋や倉庫などにしか使えません。普通の複層ガラスが入ったアルミ窓も住宅には使えません。